ななの生活アレンジメント

副業×投資でプラスアルファの暮らしを目指す

もし私が死んだら?証券口座を放置されないために今できる最低限の事

f:id:nanachallenge:20210502115921p:plain

 

投資を始めて数ヶ月ですが、資産が段々膨らんでくるとのを眺めるのは嬉しいものですね。

 

でも、ふと気になりました。もし私が死んだら証券口座の資産はどうなるか。ネオモバでコツコツ買って丹精込めて育てた個別株が闇に葬り去られるとしたら、こんなに悲しい事はありません。そこで、調べてみました。

 

この記事は次の方にお勧です。

  • 自分の死後の証券口座の手続きを知りたい方
  • 証券口座が闇に葬り去られるのが心配な方
  • 家族に証券口座の伝え方を知りたい方

 

こちらから気になる見出しへ飛べます↓

 

それでは行ってみましょう!

 

自分の死後の証券口座の手続き

家族が証券口座を知っている場合

あなたがお持ちの証券口座全てを家族が把握している場合は、話が簡単です。証券会社に連絡を入れてもらって、窓口担当者の案内通りに手続きを進めてもらえばOKです。一般的に、戸籍法本、住民票や本人確認書類、遺産分割協議書、遺言書等の書類が必要になるようです。

 

家族が証券口座を知らない場合

ちょっと朗報です。家族があなたの証券口座を知らなかったとしても、即、証券口座が闇に葬り去られる訳ではありません。ちゃんと救済措置があるのです。

 

というのも、「証券保管振替機構」に開示請求書と必要書類を送れば、どこの証券会社と取引があるか開示してもらえるのです。「証券保管振替機構」とは、通称「ほふり」とも呼ばれ、証券を預かって管理している機関です。

 

※開示請求は有料で1件6,050円(税込)となっています。(2021年5月現在)

 

こらなら、問題解決能力と行動力があるご家族をお持ちの方は安心ですね!!

 

……そう、問題解決力行動力があるご家族をお持ちの方はね……。

 

それでは、私の夫のように、問題放置力が高くて、めんどくさがり屋なご家族をお持ちの方はどうしたら良いのでしょう。それに開示請求費用も、もったいない。

 

やはり、口座情報を伝える手立てを考えた方が良さそうですね。まず、どんなことを知らせたら良いか、見ていきましょう。

 

家族に知らせておいたほうがいいこと

証券口座情報

複数の証券口座を持っている場合は全て伝えましょう。

 

取引店、口座番号

不明な場合は証券会社で調べることはできますが、書面で開示請求しなくてはならない場合があるようです。こちらも家族に伝えておいた方が良いでしょう。

 

証券口座の連絡先電話番号

面倒くさがりを舐めてはいけません。証券口座がわかっても、連絡先がわからなければ諦める種族です。これでもかってぐらい丁寧に導いてあげましょう。

 

残高

伝えなくても問題ありませんが、備考欄にちょこっと書いておけば、面倒くさがりやの家族に「手続きしなくては」という気分にさせる手助けになるかもしれません。変動するので、鉛筆か消えるペンで記入するのが良いでしょう。

 

パスワード(?)

これは、防犯的にも、伝えなくて良いと思います。家族が悪さをするとかじゃなくて(その可能性も無くはないですが)パスワードが他人の目に触れるような事は極力避けたほうが良いからです。パスワードはなくても、相続手続きはできますしね。

 

証券口座の知らせ方

普段から話題にする

今すぐできることといえば、話題にすることですね。内緒で投資しているのでなければ「〇〇証券と△△証券に口座を持っているんだよね」ぐらいは伝えておいた方が良いでしょう。ただし、投資に興味ない人が家族の証券口座を覚えておくことは、難しいかもしれません。

 

アプリやパソコンデータ

今は家族で共有できる便利な資産管理アプリがあるようですね。また「自分の死後はパソコンのこのデータを見て」というように、口座情報を残す方法もあります。しかし、考えたくないことですが、もしデータが消失したら…。さらに考えたくないことですが、データにアクセス出来る家族も一緒に亡くなったら…。その点が心配でもあります。

 

ノート

結局、原始的なノートという手段が、データ消失やアクセス不能というトラブルも起きず、安心かもしれません。普通の大学ノートでも良いとは思いますが、その場合は誤って捨てられないように「遺言」等、大きく書いておいた方が良いでしょう。

 

私は色々考えた結果、下記の「エンディングノート」に記入することにしました。これ、ブックカバーを外すとシンプルなノートに変身するのですが、あえて付けたままにしています。とにかく目立たせることで誤って捨てられないようにするのが狙いです。

  

一番わかりやすい エンディングノート

一番わかりやすい エンディングノート

  • 発売日: 2019/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

『一番わかりやすいエンディングノート』を選んだ理由 

財産記入欄が充実している

他のエンディングノートと比べて、こちらが比較的スペースを大きくとってあり、私の目的に合っていました。証券口座と銀行口座の記入欄が4つずつあります。他にも未上場株式の記入欄が4つ不動産の記入欄が3つあります。

 

価格

 価格は他のエンディングノートより比較的安い1,078円(税込)であったことも理由の一つです。証券保管振替機構への開示請求で6,050円(税込)かかる上に家族に手間を取らせることに比べたら、安いのではないでしょうか。

 

タイトルがわかりやすい

いかに鈍感な夫でも、妻の死後に「エンディングノート」を見つけたら「あ、これは…」と背筋を伸ばすんじゃないかなという期待を込めて、タイトルがわかりやすいものにしました。

 

買ったキッカケは、証券口座情報を残す為でしたが、他にも、大切な人へのメッセージや、思い出、医療やお墓の希望等の記入欄もあるので、時間があるときに記入していきたいと思います。

 

 以上、参考になれば幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました!!